男性心理 メール 体調不良

男性心理から見た体調不良メールで約束を断るケース

もしも男性が女性に対しメールなどで体調不良を理由に、突然大事な約束を断ってきた場合、女性はどのような感情を抱くのでしょうか。
男性心理から考えると好きな女性に会える時間は大切な一時で、余程の理由がない限り、断る理由などありません。
しかしこのように断ってくる場合は、男性側にも何らかの理由が存在します。

スポンサーリンク

その理由を男女共に探りあい疑いをもったままになっているケースは多々あると思います。
このような事例を元に、男性側がどのような感情を抱いているのか、男性心理の観点から考えてみました。
この場合、理由としては大きく3つに分かれると思います。
先ず素直に考えられるのは、本当に体調不良の場合、そして行きたくないという感情をごまかす場合、最後に事情ができて行けなくなった時に事情を正直に言えない場合です。
その他にも理由は考えられると思いますが、大半はこれらで説明がつくと思いますので、順番に1つ1つその背景にある感情を考えてみましょう。
先ず最初の体調不良が真実の場合ですが、これは真実であれば信じてもらう以外ありません。
しかし、男性も本当に体調が悪い場合、むしろ好きな女性には、心配をかけたくないという思いがありますので、軽症の場合は使わないと思います。

スポンサーリンク

むしろ2番目の行きたくない場合、相手からすれば攻めようのない体調不良という理由を使うケースは多いと考えます。
特に女性から見るとメールでの体調不良という理由は、1番疑わしいと思われているのではないでしょうか。
そして何より勘違いを生むのは3番目の本当の事情を正直に言えない場合の理由にしているケースです。
男性心理としては、仕事や家族関係といった急用が出来た場合でも、正直に話すと相手がショックを受けると思い込み、体調不良等の理由をつけて断念してもらった方が良いと考える人もいます。
女性側から見れば正直に言ってもらった方が良いと思う方が大半ですが、何故か男性側からすると、少し分かる気がするんです。
このケースは決して悪気はないのですが、勘違いされやすいのは事実です。
メールの場合は特に伝わりにくいものですが、2番目の印象が強いため、実に紛らわしい心理ですね。

スポンサーリンク