片思い 振られた 男性心理 理系

理系男子が片思いの女性に振られた時の男性心理

あなたは理系男子という存在をご存知でしょうか?
よくいる文系男子とは違い、少し特殊な恋愛観をもっていると言われています。
具体的にはどのような特徴があるのか気になりませんか?

スポンサーリンク

そこで今回は理系男子の恋愛観をまとめましたのでご紹介したいと思います。
理系男子に共通しているのが、鈍感は罪だという意識です。
鈍感な人は理系における研究や仕事で、素晴らしい成果を見せることができません。
研ぎ澄まされた精神をもっていなければ、実験でちょっとした変化に気づくことができませんし、複雑な数式を解くこともできませんから。
そのような訓練を日々行っているのが理系男子。
ですから恋愛についても、相手の心にいつでもすぐに気づけるようにと神経を研ぎ澄ましています。
実のところ「女心がわからない」という理系男子もとても多いのですが、本人は彼女の心をいつでも理解していたいと強く意識して過ごしているのです。
そしてもう1つ共通した理系男子の生き方が「綺麗な生き方」を理想としているところです。
ですから、別れ方も綺麗にしたいと考えるのです。
これが理系男子の恋愛観なのです。

スポンサーリンク

片思い中、彼女に意を決して告白して、相手に振られてしまった時。
理系男子の心理的に、その場で取り乱すのを避けようとします。
しかし心の中には大きなわだかまりが残りやすく、そのため後になってから相手にしつこく連絡をとろうとしてしまうのが理系男子の困ったところなのです。
理系の男子は、感情だけで会話をすることをあまり好みません。
ケンカをするにしてもはっきりと相手が怒る理由と自分の非があれば、素直に引き下がることが多いです。
しかし「なんとなく」や「フィーリング」というものにはめっぽう弱いです。
テレビや映画を見ている時にも「これは実際にはありえない」「何故そこがそうなってしまうんだ」と、その場では口にしなくても、みんなで感想を言い合う場面では重箱の隅をつつくような発言をしてしまうのです。
そのような発言に不慣れな方は、「映画なんだから、どんなことでもアリなんでしょ」と適度に会話を流すのが良いでしょう。

スポンサーリンク