社内恋愛 疲れた 男性心理

社内恋愛で女性に疲れたと感じてしまう男性心理について

女性の誰もが、人生において1度は経験してみたい恋愛が「社内恋愛」。
気になる同僚や上司、取引先の男性にアタックできたら・・・と思い悩んでいる女性は沢山いるのではないでしょうか?
しかし気をつけたいのは自分が男性に対して「疲れる女」になっていないかどうか。

スポンサーリンク

無自覚に男性を疲れさせてしまわないためにも、疲れる女の特徴を良く理解しておきましょう。
1つ目「会話のキャッチボールができない女」とにかく自分の話をしたがるタイプの女性です。
一見、職場の男性と仕事の話について盛り上がっているように見えても、相手の目がどんよりしている時は要注意です。
男性は相手の話を聞くことが苦手な生き物です。
そして落ちのない話を非常に嫌います。
「で?だから何だったんだ?」「こんなに長い時間つまらない話を我慢して聞いたのに、落ちはないのか」とドッと疲れる男性もいるようです。
2つ目は「過度に恋愛に夢中なってしまう女性」。
男性は社内においてはプライベートと違い人間関係があるので、その人間関係が崩れてしまうのを恐れます。

スポンサーリンク

なので社内ではなるべく2人きりの時にしか自分の素の表情を見せたがらないのです。
それなのに相手の女性が社内の同僚と自分についての話をペラペラ喋ったり、上司の視線が届く範囲で自分にべたべたしてくる女性に疲れを感じてしまいます。
自分の立場を失いたくない男性は、時にあなたに対して冷たい態度をとってしまうことがあるかもしれませんが、相手の立場を考え、その行動に合わせてあげることで「疲れる女」ではなく「癒される女」に変わるのです。
社内恋愛においての恋愛については、男性心理を尊重して行動しないと、実る恋も実らなくなる可能性が高いです。
プライドの高い生き物である男性は、社内ではそれが一層目立ちます。
女性であるあなたはそれをきちんと理解して、男性のストレス源にならないように自分の気持ちをさりげなくアピールして、成就させましょう。

スポンサーリンク