からかう 男性心理 大人

人をからかう大人の男性心理について

同性にしろ異性にしろ、人のことをからかう男性は多いのではないでしょうか。
からかわれる人にとっては「大人のくせに」と思うことや「何故、自分ばかりからかわれるのだろうか」と思う人は多いのではないでしょうか。
では、何故、大人にもなっても人のことをからかうのでしょうか。

スポンサーリンク

まずは男性が女性をからかう男性心理から考えていきましょう。
よく聞かれるのが、子供が好きな女子に嫌がらせをするといったことです。
相手にかまって欲しくて、ついつい相手にとって嫌なことをしてしまうというものです。
からかうという男性心理は、この「相手にかまって欲しい」という欲求の表れだと考えられます。
男性は、とても単純な行動原理で動いていることが多く、大人になってもこうした心理がすぐに働いてしまうのでしょう。
こうした男性心理は、男性特有のもので、女性の心理とは大分違うと考えられます。
女性も男性の気を引こうとして、何かしらの行動を起こすのでしょうが、このような単純な行動には出ないと考えられます。
次に、男性が男性をからかう男性心理について考えてみましょう。
基本的には先にも述べた通り、「相手にかまって欲しい」という心理が働くことが要因として考えられますが、男性が男性に対する心理と、男性が女性に対する心理とでは若干異なる点があります。

スポンサーリンク

それは、相手のことを認めているという点です。
相手が、自分よりも優れた点がある場合、尊敬の念からこうした行動にでることがあります。
後輩に対した場合や、先輩に対した場合、同期に対した場合など、それぞれの年代に対する行動には若干の違いはありますが、自分よりも相手に優れた点があり、その裏返しでからかってしまうという行動に出てしまいます。
特に後輩に対しては、成長を期待しているといった意味合いが大きいでしょう。
また、先輩に対しては、自分のことを認めてほしい、あるいはかわいがって欲しいという気持ちの表れではないでしょうか。
また、同期に対しては、ライバルとして認めているといった意味合いがあると考えられます。
結論から言えば、要は「相手の気を引きたい」という心理が働き、男性特有の照れくさいという気持ちが、からかうという行動として出てしまうのではないかと考えられます。
こうした男性心理は、大人になっても変わらないものなので、もしこのような態度を取られた人は「この人はかまって欲しいのかな」あるいは「自分のことを認めてくれているのだな」と思えば良いのではと考えます。

スポンサーリンク