4回目 デート 男性心理

4回目のデートまでの男性心理

好きな男性とのラインのやりとりを経て、やっとデートまでこぎつけたあなた。
回数も順調に増えていきついに4回目のデート。
ここまできたら彼はきっとわたしに気があるはず・・・そう思う女性は多いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

しかし実は、男性と女性とでは3回目までのデートの捉え方がかなり違うようです。
まず1つ目【3回目までのデートは特に相手に対して特別な感情は抱いていない】最初の1回目で軽くお茶をして、2回目でお食事デート。
3回目でお昼から夜までフルにデートをしたら、女性としては思わず手ごたえを感じてしまうかもしれませんは、男性はそうではありません。
あくまで3回目までのデートは基本的なものであって、何も特別なことではないのです。
相手の女性と付き合いたいのか、そうでないのかを見極める試運転期間というものなのです。
なので女性も、4回目、5回目のデートを誘われない限りはあまり深く考えないほうがいいようです。
3回目のデートまでに、「付き合う」「好き」などというワードを出してしまうと、男性はプレッシャーを感じてどれ以上のデートがなくなってしまうかもしれません。

スポンサーリンク

そして2つ目【ゆっくり関係を深めて生きたい】男性は女性よりもはるかに性に対しての本能が強いので、デートを共にした女性と親密な関係になりたいと思ってしまうものですが、それと同時に1人のみの女性を関係を固めてしまうことを恐れている部分もあります。
なので、デートを数回したからといって、相手の女性が彼女気分で「今度はいつ会えるのか」「早く会いたい」などと迫ってくると困ってしまうのです。
女性のあなたは、心に余裕をもたせて数回のデート程度では何も気にせず仕事の予定などをいつものように入れておくのがマストです。
そうすれば男性は、「この子は自分を束縛してくる子じゃないんだな。
楽だな」と安心して次のデートに誘いやすくなるのです。
あなたが気楽にしていれば、相手のガードも自然とゆるんでくるので、まずは何も期待せずに余裕のある素振りをしてみるといいかもしれません

スポンサーリンク