会えない時間 男性 寂しい

会えない時間の寂しい気持ちを男性心理から考える

誰もが恋愛となると、相手との関係性や、日々変化する感情等と向き合いながら生活していると思います。
男性であれば相手の女性との関係が、片思い等の一方的なものであれば色々な想像を膨らませながら何とか近づけるきっかけ作りや、思いの伝え方を模索しています。

スポンサーリンク

しかし両想いのように自由に感情を表現できる関係である場合、遠距離恋愛のような会えない時間が長くなるのは寂しいものです。
相手の女性への思いの強さや、会えない期間の長さにも関係するかもしれませんが、このような大切に思う方と、会いたいのに、会えない時間が長く続いた時の感情や行動を男性心理の目線で考えてみました。
先ず男性の場合は、思考的に数種のことを一度に実行することが苦手としている方が多いようです。
そのため相手の女性のことを考えると、他の事が手につかなくなることがあります。
色々なタイプがおりますが、今回は、それほど相手への思いが強い場合として考えてみたいと思います。
会えない時間での「寂しい」という感情は、会いたいと思う強さに比例しています。
相手の女性との空白の時間があるほど、不安になってしまうものです。

スポンサーリンク

男性心理からすると、寂しいことだけなら多少の我慢もできますが、この不安という感情が大きくなってしまうと他の事が手につかなくなります。
実際久し振りに会えた時に、嬉しさより安心感を感じる人は、この不安を抱いているのかもしれません。
お互い何らかの事情があるからこそ離れる時間があるのですが、一度不安を覚えると気持ちの整理が困難になります。
今の時代は、携帯電話やメールでの連絡を頻繁に行っているため、不安を抱える人は少なくなってきていますが、お互い気持ちが通じる距離感を維持するためには適度な連絡のとりあいで、不安が縮小されます。
これは男女共通なのかもしれませんね。
しかし男性は口でいってるほど強くはありませんし、寂しい気持ちを押し殺している人が多いようです。
何より大切な人への思いの強さは、まれに遠く離れた場所まで1分でも会いたいとの行動に変える事もあります。
少しの声を聴く事で不安を小さくしている部分もありますが、やっぱり寂しい気持ちにはなりますね。

スポンサーリンク