ちょっかいを出す 男性心理

女性にちょっかいを出す男性心理

なんだか気が付くといつも傍にいて、やたらとちょっかいを出す男性は意外と多いものです。
それが好きな男性で、会話中に話した内容に突っ込みを入れられたり揚げ足を取られたりすると自分のことを馬鹿にされているような気がしてテンションが下がる場合があります。

スポンサーリンク

また他の女性に対する態度と明らかに違い慣れ慣れしいこともあると余計に自分は恋愛対象ではないのかと不安になってきます。
でも、それは好きな人には関わりを持ちたいと願う男性心理による行動の表われであって男性は嫌いだったり興味がない相手にちょっかいを出すことはしないので、好意を持たれている確率が高いといえます。
さらに好きな女性に対する男性心理のしぐさで代表的なのは口元を手で押さえて話す、会話中に目の瞳孔が開いている、目が合う回数が多い、話している時に共感してくれたり同調してくれたり、他の人の話の時より笑顔が多いなど本人は無意識でも表情や目、口元に表れてしまうものです。
ちょっかいを出す行動は、よく小学生の頃、好きな女の子と話したいのに離せない照れ隠しや好きという気持ちを悟られたくないというプライドの高さも手伝った男性心理から起こり大人になってもその名残りは消えていないのです。

スポンサーリンク

告白したら絶対に上手くいくという自信がある男性は別ですが、ほとんどの人は振られたらみじめだとか、もう友達関係には戻れないのではと、あれこれネガティブなこと考え過ぎて普通に話そうと思っても勇気が出なくてついからかったり、ちょちょっかいを出す行動に置き換えてしまいます。
でもその場合も、ちゃんと好きな女性の近くにいたり、さりげないボディタッチが加わったり特別な用件がないのにメールや電話がくる、返信が早い、メールの末文が疑問符で終わっていたりすれば更に好意を持たれている確信が強くなります。
プライベートなことを聞かれたり、または男性の方から話すのはもっと相手を知りたいと思う男性心理で、もしそれが好きな男性なら好意ある際の兆候を理解し仲良くなるチャンスを掴むことができます。

スポンサーリンク