男性心理 抱きしめたい 行動

抱きしめたいという行動の男性心理的な意味

男性心理的な抱きしめたいという行動は、単純に相手を可愛いとか愛おしいと思っているのです。
突然抱きしめられて驚いた経験がある方もいるかと思いますが、それほど温かい気持ちがあるということです。
人間は女性でも男性でも好きではない人に触れないので、抱きしめたいと思うということはとても好きということになります。

スポンサーリンク

抱きしめるという行動は体が密着するので、気を許していない相手には絶対にしない行動です。
また抱きしめるといった行動が愛情表現であるのは人間だけなので、人間特有の感情である恋愛感情が深く感じられる行動でもあります。
男性心理的には女性は可愛いもので守ってあげたいものなので、仕草や表情などで可愛さや脆さを感じてしまうと抱きしめたいと思ってしまうとされます。
一般的には小柄で可憐な女の子が抱きしめたいと思われる確立が高いとされますが、小柄でなくともいつも強くあるのに突然弱い部分を見せられたりすると男性心理的には抱きしめたい衝動が生まれるともいわれます。
女性側が男性に抱きしめたいと思わせたいのであれば、悩みや疲れがある時に頼ってみると良いと思います。
頼る時は強気な感じでいくのは良くないので、謙虚さや静かな雰囲気が大切です。

スポンサーリンク

本来の男性というものは頼られることが好きだといわれているので、男性として正常であるなら頼り方さえ間違えなければ包容力やカッコいいところを発揮してくれると思います。
現代は一人でも生きていけるような強い女性や気性の荒い女性も増えているので、男性の中にある守ってあげたいという本能が薄れてしまうのも当たり前といえます。
どんな男性にも女性を守るといった本能(男性らしさ)はあるので、その本能が奥底で眠っている場合はなかなか出てこないかもしれませんが、女性という意識があるなら女性らしくあることで男性は男性らしくなります。
女性も強さと弱さ知った男性は女性を守るといった本能が発揮されるので、抱きしめたり守るといった行動が自然と出てくると思います。

スポンサーリンク