男性心理 名前 呼ぶ

名前を呼ぶ時の男性心理について

人間は誰でも名前を持っています。
家族ならば下の名前で呼びますし、子供の頃は男女を問わず名前で呼び合います。
小学校に上がるくらいになると段々と苗字で呼ぶようになり、社会人なると苗字にさんづけで呼ぶことが一般的になります。

スポンサーリンク

また下の名前で女性を呼ぶ事があっても一般的にはさんづけになります。
しかしちゃんづけで呼んでくる男性もいらっしゃいます。
この場合には主に上司や年配の男性が親しみを込めて呼んでいる事が多く、男性心理が関係しているケースはほとんどありませんさらに同年代の男性がちゃんづけで呼んだ場合にも、上司などにつられてそう呼んでいる事が多くなりますのでこちらも男性心理が働く余地はないと言えます。
ただしこの呼び方が発展して、名前を呼び捨てにしてきた場合には好意的な感情が含まれているケースが多く見られます。
仲良くなりたかったり好意を持ち始めている証拠になりますので、適切な対応をする事が求められます。
基本的に男性が嫌いな女性を下の名で呼んだりする事はほとんどありません。

スポンサーリンク

同じ苗字の方が複数人居たり、会社の方針など特別な理由がない限りは苗字で呼びます。
したがって、下の名前で呼ばれると言う事は好意的な感情を持たれていると判断する事ができます。
ただ、男性の中にはいわゆる女性好きな方がいらっしゃいます。
その様な男性は特別な好意を持っていなくても下の名で呼ぶことが多くなります。
なお呼ばれて不快な思いをする場合には、すぐに拒否の意思を示すことが重要なポイントになります。
そうしないと上記のようにエスカレートしてしまい、場合によってはその男性と大きな問題に発展する可能性があります。
そして不快な思いをしないのであれば、女性も男性を下の名で呼ぶと親密な関係になりやすくなると言えます。
男性心理として下の名で呼んだり呼ばれたりする事は嬉しいことなので、距離が一気に縮まりますし特別な感情を持たれやすくなると言えます。

スポンサーリンク