男性心理 俺のもの 言葉

「俺のもの」という言葉をかける時の男性心理とは

男性が付き合っている女性や好きな人に対して「お前は俺のもの」といった上から目線にも思えるような言葉をかける時があります。
性格より言わない男性もいますが、この言葉には上から目線や俺様ではない裏に隠された男性心理が存在しています。
「俺のもの」とわざわざ言うのは、女性側が別の男性にとられないかという不安を抱いている可能性があります。

スポンサーリンク

そんな不安を抱いていると自分では気付いていない上に表現が不器用であると、「俺のもの」といった一言であらわされる場合もあります。
自分の複雑な気持ちに鈍感で、表現が不器用な男性の精一杯の表現なのです。
独占欲が強い可能性もありますが、束縛や執着はそれほど気にならないのに「俺のもの」と言ってきたら、他の男性にとられてしまうのではという不安があるのかもしれません。
他の男性にとられるまでいかなくても、今はラブラブだけどいつかはいなくなってしまうのではないかという不安と心のどこかで抱いている場合もあります。
「俺のもの」という伝え方をしてきたら、その男性に対して不安をあたえない言葉と行動をすると良いと思います。

スポンサーリンク

人は時に駆け引きをしたがるものですが、駆け引き・浮気・勘違いを招くようなことをすると簡単に疑われたり不信に思われる可能性があるので、素直に好きという思いを伝えたり誤解をされないようにちゃんと伝え合うことが大切です。
男性心理は単純という説もありますが、女性心理に単純なものと複雑なものがあるように男性心理にも単純なものと複雑なものがあります。
「俺のもの」という言葉をかけてくるのならそれなりの関係だと思うので、相手を思う気持ちがあるなら温かい感情を伝えましょう。
また、お互い誤解をしないように心を伝え合うことも大切です。
女性と男性という分別があるように女性と男性は違う生き物だという説も間違いだとは言えませんが、男性心理は理解できないと怒ったり悩んだりせず、人間は言葉で伝え合うことが必要な生き物なので分かり合う努力をしてみると良いと思います。

スポンサーリンク